起業スイッチ

岡本 和也 (おかもと かずや) 氏は東京大学大学院 情報理工学系研究科 修士を修了後にメガベンチャーに就職するも、社員を規則で縛り付ける大企業的な研修に反乱を起こし、3ヶ月で退職。 3ヶ月のニート生活後に、世界征服したいという夢を叶えるために10人規模のベンチャー企業で法人向けの不動産仲介営業を経験。その半年後2014年26歳でフリーランスとして独立し、 2015年27歳で法人を立ち上げる。

起業スイッチが入ったタイミング

フリーランスで1年ほど自由に生活した後、いままでの慣習に縛られない自由な発想の会社経営をしてみたいと思い

フリーランスになったことで、自分のパフォーマンスを最大限に発揮できる環境を、誰に指示されることなく自分で用意できるようになり、1人の人間としての幸せな生活が果たされました。

しかし、新卒入社の会社において体験したような、画一的に規則で縛り上げるマネジメントが日本にあふれており、本当に優秀な人間が、最大限に能力を発揮できる環境はほとんど見当たりません。いままでの慣習に縛られない、自由な発想の会社経営をしてみたいと思い、法人を立ち上げました。

「株式会社ARoW」社名の由来

[A]nti [Ro]utine [W]ork の頭文字から”ARoW”

誰でもできるルーチンワークはプログラムで自動化し、優秀な方が趣味を兼ねて本質的な業務を楽しめる世界を作りたい、という思いを込めこの社名にしました。

起業家として大切にしていること

農耕馬の中から千里の馬を見ぬいた伯楽のように、真に優秀な人間が最大限に楽しく能力を発揮できる場を作りたい

根底にあるのは、自分自身が新卒入社した会社で体験した縛り付けられる環境と、その後フリーランスになったときに自分でつくりあげた自由な環境の違いです。自分自身を律して成長を続ける優秀な人間であれば、後者の環境が圧倒的にパフォーマンスを発揮でき、本人も幸せになれますし、そんな環境を用意したいと思ってます。

実際に弊社の社員には、週休4日, 5時間労働(残業禁止), 在宅勤務, 副業推奨 の条件でパフォーマンスを発揮してもらっています。

社会にどういう影響を与えたいか

cat

世界から本質的でない労働を排除することを目指し、必要のない規則や慣習を、弊社の活動やサービスを通して壊していきたい

社名の由来の通り、人間は人間にしかできない本質的な活動に人生の時間を割くべきだと考えるからです。その活動の先にあるのは、おそらく多くの仕事が機械に代替されて、働かなくても生きていける世界でしょう。そんな世の中が明日来ても、優秀な方がこぞって入社したがる会社を続けたいです。

会社情報

株式会社ARoW (アロー)

 

g3279

 

他社との業務提携によるシステム開発や、自社サービスGoat@ssの開発、運用を行っています。

http://www.arow.info
(コーポレートサイト)

https://goatass.info
(自社サービス)

http://hyakushika.jp
(業務提携による、企画・開発中のサービス)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

バックオフィス業務のストレスから開放されよう。Bizerは、総務・労務・経理などの幅広い業務をまとめて管理できるバックオフィスのプラットフォームです。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事