起業スイッチ

株式会社キャスター 中川 祥太(なかがわ しょうた)

ネット広告代理店に入社、2012年に退職し大阪へ。その後、インターネットの投稿監視などを事業とするイー・ガーディアン社に入社。大阪支社の立ち上げを経て、ソーシャルメディア関連の事業を主に担当。ソーシャルリスクの専門家として、各種テレビメディアへの出演、連載を持つ。並行して、新規事業を担当する事業企画部に異動となりクラウドソーシングと出会う。

クラウドソーシングの可能性、そして日本の市場におけるオンラインワーカーの発展途上な状況を見て、起業を決意。2014年28歳にて株式会社キャスター創業。

起業スイッチが入ったタイミング

リモートワークの可能性を提示するために、「こういうカタチなら成り立つ」という自分なりの答えを示したかった。

私がBPO業界に勤務していた時代に潮流として出現したのが、クラウドソーシング・サービスであり、リモートワークという新たな働き方でした。新しい働き方への期待が大きくなる一方で、現場でそう感じていた人は少なかったようです。

空いた時間を有効に使える。世界中どこにいても仕事ができる。

クラウドソーシングやリモートワークは、そのような自由な可能性を秘めているはずでした。しかし現実では、とにかく安く、とにかく早く、効率的に。報酬は度外視され、仕事が集まれば集まるほど、働く側が摩耗していく状況になっていました。そうしたワーカーの中には、ハイキャリアで優秀な方々もたくさんいました。しかし、通勤が難しいという理由だけで、驚くほど安い時給で仕事をせざるを得ない現状があったんです。

そこで、リモートワークの可能性を示す上で、「こういうカタチなら成り立つ」という答えを作りたいと思ったことが、起業のきっかけになりました。

社名の由来

キャスターは、「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げ、オンラインアシスタントサービス『CasterBiz(キャスタービズ)」を運営しています。https://cast-er.com/

CasterBiz(キャスタービズ)は秘書、人事、経理、Web運用に関する日々の様々な業務を「優秀なリモートで働くアシスタント」に依頼できるサービスです。アシスタントは、全てキャスターで雇用したリモートで働く女性社員です。 彼女たちは結婚、出産、介護などを機に通勤が困難になった方、引越し先の地方で合う仕事がなく、キャリアアップを望まれる方など、様々です。ビジネスの第一線で活躍していた彼女たちがこれまでの経験をフルに活かし、企業のビジネスをサポートしています。

このアシスタントのことを「キャスト」と呼んでいることから、社名を「キャスター」にしました。

起業家として大切にしていること

ホラクラシー型の組織にし、権限移譲をする。

現在キャスターには、全国各地・海外にも、たくさんのキャストが所属しています。これからさらに組織を拡大していく上で、 自走型の組織であり続けるためにも、日本では導入が珍しいホラクラシー型の組織にしました。

一般的には経営者・マネジメント層に意思決定が集中するケースが多々あるかと思いますが、当社では組織の階層を無くして意思決定の単位を分散させ、事業スピードを速めています。また、個々人が裁量を持ち、自由な働き方を実現することが可能です。

社会にどういう影響を与えたいか

リモートワークを当たり前にし、労働革命で人々にもっと自由を

リモートワークによって生産性を上げる、在宅で働くことで隙間時間が活用できるといったことには、すでに多くの人が気づき、共感し始めています。生産性を究極まで高めていくと、実は人間自体が労働現場にいる必要がなくなっていきますので、雇用する側・働く環境をつくる側が、働く人々の選択肢をもっと作っていくべきです。

IT/機械を活用しながら、過去に当たり前だった労働環境を変革し、リモートワークをはじめとした新しい働き方を浸透させていくことができれば、人の働き方や生き方の可能性をさらに広げることができると考えています。

起業して良かったことや苦労したことなどのエピソード

2014年9月に会社を創業し、CasterBiz(キャスタービズ)を立ち上げて間もない頃のことです。キャストの求人をした際に、500人もの応募が殺到したことがありました。

誰も目を向けていなかったリモートワーカーの現状に対して、当社の事業ニーズがあると感じた瞬間に、起業して良かったと思いました。

これから起業しようとしている方へのアドバイス

自分が会社を始めたのは、金持ちになりたい。自尊心を満たしたい。誰かを助けたい。というような感情からではありませんでした。世の中に対する疑問、怒りです。

なぜ、今と違う働き方を選択するだけで虐げられるのか?

なぜ、既存のレールに乗れないという事だけで社会不適合とされるのか?

なぜ、その歪みを見つけた人が自己利益の為だけにその歪みを利用するのか?

そして偶然ですが、この問題に対して解決を図る組織を作るチャンスを得て、創業しています。ぜひ自らの利益ではなく、問題を解決し世の中をより良くするという観点で起業していただきたいと思っています。

 

会社情報

株式会社キャスター

【お問い合わせ】

東京都渋谷区道玄坂1-20-1 大沢ビル5F  03-4405-7416

corporate_info@cast-er.com

 

わからないことは頼れる専門家(5士業)に何度でも相談しよう

Bizer(バイザー)では、バックオフィス業務(税務・労務・法務・知財など)についても厳選されたBizer認定士業に月額利用料のみで何度でもご相談いただけます。Bizerコンシェルジュがあなたのご相談をお伺いし、適切な専門家(税理士社労士司法書士行政書士弁理士)にお繋ぎいたします。会社設立前や会社設立後はわからないことが多くお困りのときには、税務・労務・法務・知財などの総合相談窓口としてお気軽にご相談ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-13-13-21-21

※トライアルの場合は、「ToDoリスト」機能のみ30日間無料で使用できます。
詳しくは、[クラウド顧問サービス|Bizer(バイザー)]まで

 

Bizerが会社設立をサポート、自分で調べるより簡単でお得!

クラウド顧問サービスBizer(バイザー)を3ヶ月以上ご利用いただける方であれば、月額利用料のみで「会社設立サポート」サービスが利用できます。

  • 会社設立の手続きがわかるから、抜け漏れなくスムーズに手続き完了
  • 会社設立に必要な書類作成が簡単!(基本情報を入力するだけで自動作成)
  • 会社設立に困ったときには、専門家(税理士社労士司法書士行政書士弁理士)に何度でも相談OK
  • 電子定款で対応してくれるから、4万円の印紙代を節約可能

「会社設立サポート」サービスについては、[Bizerの会社設立]をご参照ください。

 

できるだけ節約してバックオフィス業務を終わらせよう

できるだけお金をかけないで会社運営に関わるバックオフィス業務(従業員、雇用、給与、賞与、役員、役員報酬、取締役、移転、株式に関する事柄など)を自分で調べながらやってみたいという方には、Bizerのユーザー様なら無料で使用できる「ToDoリスト」機能(※)をぜひご利用ください

「ToDoリスト」機能では、バックオフィス業務に必要な手続きの手順を確認したり、「いつまでに」「なんの書類を」「どの役所に提出する」のか調べたり、進捗管理をすることができます。

また、その都度、わからないところは専門家(税理士、社労士、司法書士、行政書士、弁理士)に何度でも相談できるため、できるだけ自分で金額をおさえてバックオフィス業務を完了されたい方にはオススメの機能です。

※トライアルの場合は、「ToDoリスト」機能のみ30日間無料で使用できます。
詳しくは、[クラウド顧問サービス|Bizer(バイザー)]まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

バックオフィス業務のストレスから開放されよう。Bizerは、総務・労務・経理などの幅広い業務をまとめて管理できるバックオフィスのプラットフォームです。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事