起業スイッチ

株式会社EC-GAIN、村田 薫(むらた かおる)。新卒で楽天株式会社に入社しECコンサルタントとして楽天SHOP OF THE YEARの店舗様などを多数担当&排出。楽天市場での経験を生かし独立する。

2012年からは沖縄に移住し、現在は沖縄県を中心に地域密着のコンサルティングを展開。2016年4月 33歳の時に起業。

起業スイッチが入ったタイミング

沖縄移住&子供が出来たことにより、未来のビジョンが明確になった時

沖縄は縁もゆかりもなかったのですが、もともと東京にいたころ沖縄のお客様をサポートしていたことがきっかけで、移住することになりました。

沖縄でのECコンサルタントとしての活動を進めていくうちに沖縄の自然や文化、地域で頑張ってらっしゃる事業者様の魅力に引き込まれていき、それと同時に島である事や地方である事による課題も見えてきて、その解決に取り組みたいとも考えるようになったからです。

「株式会社EC-GAIN」社名の由来

「GAIN」ラグビー用語と英語の意味の掛け合わせ

ECは文字通りEコマースを示しており、GAINは直訳的には稼ぐ、といった意味で我々のサービスによりEC事業者様に利益を出していただく事を意味しています。それと、GAINに込めているもう一つの意味はラグビー用語の”GAIN”で、これは得点を得るためにボールを前に進める、という意味を持っています。

つまり、我々のサービスでEC事業者様を前進させ、進化し続けていってもらう、そんな意味が込められています。

起業家として大切にしていること

Work hard, stay humble

元来私は独善的な人間で、そのためお世話になった方々へ後ろ足で砂をかけるような行為をしてしまった事が過去にありました。

それを猛省してからは謙虚でいつづけようと心に決めました。ただし、謙虚なだけでは価値は生み出せないので同時に努力を怠らない事も大切だと考えているからです。

弊社は立ち上げたばかりのスタートアップ企業です。そのため今は起業家、経営者として、というよりは人間としてどうあるべきかという視点でこのWork hard, stay humble(努力せよ、謙虚なままで)が大切にしたい価値観になっています。

社会にどういう影響を与えたいか

沖縄のEC環境を良くしたい

日本の中で都道府県として「島」なのは北海道と沖縄の2つだけ。北海道は観光産業もEC産業も強く昔から多くのEC成功事例が生まれています。一方で沖縄のEC環境は非常に劣悪。ヒトなし、モノなし、カネなしといった三重苦です。

しかしながら他県にはない”強み”もまた、豊富にある県であると私は考えています。今は事業環境が悪く、そのポテンシャルを最大限引き出せていない沖縄のEC産業の状況を良くし、ヒトもモノもカネも豊富な県にすることで沖縄の経済を明るくしたいのです。

会社情報

株式会社EC-GAIN

ECコンサルティング、ECプロデュース、toC物流コンサルティング、ネットショップ構築等を行う。

その他、Eコマースセミナーの講師なども務める。
・沖縄イーコマース協議会 集中講座ECブートキャンプ講師
・第6回 沖縄学生ビジネスプランコンテスト ブラッシュアップセミナー講師
・沖縄県×那覇商工会議所×楽天株式会社 オンラインショップセミナー特別講師
・琉球大学 ベンチャー起業講座 特別講師

会社HP:http://ecgain.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

バックオフィス業務のストレスから開放されよう。Bizerは、総務・労務・経理などの幅広い業務をまとめて管理できるバックオフィスのプラットフォームです。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事