起業スイッチ

起業スイッチ編集部です。

クラウド顧問サービスBizer(バイザー)では、日々起業されたみなさまから、会社設立からバックオフィス業務に関するご相談をお受けしているのですが、特に会社設立したばかりの一人社長(一人会社)のお客様から以下のようなご相談を受けることが多くあります。

「起業したばかりだけど、どの金融機関に法人口座を開設したほうが良いでしょうか?」

今回は、起業前に知っておきたい法人口座を選ぶコツとして、どの金融機関の法人口座を開設したら良いかについて専門家(会計士・税理士)の先生に教えていただきました。

法人口座は、どの金融機関で開設したほうがいい?(法人口座の比較)

法人の口座には、大きく以下の4つがあります。

①都市銀行
②地方銀行
③ネット銀行
④信用金庫 / 信用組合

個人口座とは異なり、法人口座の場合は口座を開設しただけで月額料金が発生する銀行などもあるため、念のため開設前には基本使用料などの確認が必要です。それぞれの特徴やメリットやデメリットを把握しておきましょう。

①都市銀行

取引先と同じ都市銀行であれば振込手数料が割安です。また、支店が多くあり、税金の納付(ネット銀行では非対応であることが多い)などで窓口手続きを利用する際には便利です。

法人口座を開設するための審査は厳しい点もあり、都市銀行の法人口座を開設することができた場合には取引先から信頼を得やすいという特徴があります。

振込手数料や法人口座開設に必要な書類などの詳細は、各都市銀行のサイトをご参照ください。

②地方銀行

地域によっては、都市銀行よりも地方銀行の方が支店も多く便利です。また、都市銀行よりも新規事業や融資の相談にのってもらいやすい傾向があります。

振込手数料や法人口座開設に必要な書類などの詳細は、各地方銀行にご確認ください。

ネット銀行

ネット銀行は、振込手数料が基本的に安く、深夜でもリアルタイムで決済ができるなど時間に制限されることなく利用できる点でも便利です。特に楽天銀行は、新設法人でも口座開設しやすい傾向があります。

デメリットとしては、1日の引き出し金額に上限があり、1度に高額な現金の引き出しができない点や、社会保険料等の口座振り込みに対応していないなどがあります。

代表的なネット銀行は以下の通りです。振込手数料などの詳細は各銀行のサイトをご参照ください。

信用金庫 / 信用組合

中小企業でも比較的、法人口座を開設しやすい点がメリットです。また、地域の経営者交流会や融資にも積極的であることが多い点が特徴です。

振込手数料や法人口座開設に必要な書類などの詳細は、各信用金庫 / 信用組合にご確認ください。

起業家・ベンチャー企業は複数の法人口座を開設したほうが良い!?

専門家(会計士・税理士)にご相談のあった起業家・ベンチャー企業が法人口座を開設するパターンとしては、

手順1:
まず、比較的手続きが容易で審査が通りやすい「③ネット銀行」を開設。

手順2:
次に「③ネット銀行」を開設しつつ、融資を検討している場合は「④信用金庫/信用組合」を選択。または、窓口手続きが多い場合などは「①都市銀行」や「②地方銀行」の中からもう1つ法人口座を開講。

以下のいずれかの組み合わせで法人口座を開設しているケースが多いとのことです。

  • 「③ネット銀行」と「④信用金庫 / 信用組合」
  • 「③ネット銀行」と「①都市銀行」
  • 「③ネット銀行」と「②地方銀行」

例えば、弊社Bizer(株)では、「③ネット銀行」と「④信用金庫 / 信用組合」の法人口座を併用しています。 ネット銀行は開設がしやすく、振込手数料も安いためメインで使用していますが、 ネット銀行は社会保険料の引き落としができなかったり、振替先として対応されなかったりする場合もあるため、 社会保険料などの支払いや給与振込は信用金庫を利用しています。

法人口座の開設には審査があるため数週間かかります。資本金の金額が少なかったり、バーチャルオフィスでは開設できなかったりといった理由で、場合によっては審査に落ちることもたびたびあります。会社設立直後に法人口座の開設でつまずかないためにも、あらかじめ会社設立前に法人口座を開設する予定の銀行に必要な書類や注意事項などを確認しておきましょう。

リーズナブルな料金で頼れる専門家(士業)に相談したい

Bizer(バイザー)では、今回の法人口座に関する事柄に限らず、バックオフィス業務(総務・労務・経理・法務・知財など)についても月額2,980円で何度でもご相談いただけます。Bizerコンシェルジュがあなたのご相談をお伺いし、適切な専門家(税理士、社労士、司法書士、行政書士、弁理士)にお繋ぎいたします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-13-13-21-21

※トライアルの場合は、「ToDoリスト」機能のみ30日間無料で使用できます。

詳しくは、[Bizer(バイザー)]まで

できるだけ節約してバックオフィス業務を自分でやってみたい

できるだけお金をかけないで会社運営に関わるバックオフィス業務(従業員、雇用、給与、賞与、役員、役員報酬、取締役、移転、株式に関する事柄など)を自分で調べながらやってみたいという方には、Bizerのユーザー様なら無料でご利用できる「ToDoリスト」機能(※)をぜひご利用ください。

「ToDoリスト」機能では、バックオフィス業務に必要な手続きの手順を確認したり、「いつまでに」「なんの書類を」「どの役所に提出する」のか調べたり、進捗管理をすることができます。

また、その都度、わからないところは専門家(税理士、社労士、司法書士、行政書士、弁理士)に何度でも相談できるため、できるだけ自分で金額をおさえてバックオフィス業務を完了されたい方にはオススメの機能です。

todo%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%ae%e8%aa%ac%e6%98%8e

※トライアルの場合は、「ToDoリスト」機能のみ30日間無料で使用できます。

詳しくは、[Bizer(バイザー)]まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
村田 光平 むらた こうへい

村田 光平 むらた こうへい

公認会計士、税理士 、行政書士 、公益社団法人日本監査役協会会員。2005年に中央青山監査法人、2007年に京都監査法人東京事務所を経て、2013年より税理士事務所を開業。年間50社の会社設立手続を行い、法務・税務の両面からサポートを行うスタートアップ企業のエキスパート。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事