起業スイッチ

エフォートケアシステム株式会社 成冨努(なりとみつとむ) 地域包括支援センター所長。社会福祉士。2016年35歳にて起業。

起業スイッチが入ったタイミング

講演をした後、僕の目の前に30人以上も行列が。これは何だ!?

32歳のときに「地域包括支援センター」の所長として、「地域包括ケアシステム」という高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けられる仕組みや地域づくりに携わりました。そのとき地域包括支援センターの業務についての分厚いマニュアルはあるものの、具体的にどうすれば良いのか「実践的な方法」までは体系化されていなかったため、自身で体系化し、テキストや動画解説付きのDVDを自主作成することに。

先進的な取組み事例として発表や講演の依頼をいただけるようになり、講演後には、私の前に30人以上の行列ができたことがあります。地域づくりの実践的で具体的な方法を学習をしたいというニーズがあることに気付きました。その後もさまざまな市町村からも講演依頼をいただきお話をさせてもらったのですが、どこもゼロから1にすることが難しく、最初のスタート地点でもがいているんだと感じました。

このような体験から「私の学習コンテンツで学べればゼロから1にできるのに」という気持ちと、ラインナップを増やして、より総合的に多角的な地域づくりができる教育コンテンツを作り、共有したい!と思うようになり起業にいたりました。

社名の由来

私はどちらかというと、日本の平均的な人間だと思っています。そんな私が起業するまで物事を探求し「これしかない!」と生まれてきた意味(ちょっと大げさですが)を見つけられたのは「努力」を継続してきたからだと思っています。

私の名前は「努(つとむ)」です。この名前にこれまで何度も励まされてきました。「私は天才じゃないから努力しないといけない」と。そして、周りで他の人に感動を与えられるような人やモノ、サービスはどれも「努力」を必ずしていると思っています。そこで、「英語の努力=effort(エフォート)」が社名の由来となり、エフォートケアシステム株式会社と決めました。

起業家として大切にしていること

夢を持ち続けること。

夢も希望も無いといわれるこの時代に生まれましたが、私自身、夢はずっと持ち続けています。それは時に大きくなったり小さくなったりと変化しますが、私に毎日生きる意欲を湧かせてくれます。逆に、夢があったから順風満帆な仕事を辞めたり、家族に迷惑をかけた部分もあるかと思います。

何回かこんなに苦しいのなら「夢をあきらめてしまおう」と諦めることをチャレンジしましたが、これだけは上手くいきませんでした。諦めた3日後には素敵な夢が新たに生まれてくるのです。私は生きる意欲と喜びを与え続けてくれるのは夢だと思っており、夢なくして起業する人はいないと思っています。

社会にどういう影響を与えたいか

日本発祥の助け合いノウハウで世界の少子高齢社会課題を解消したい。

Win-Winだけではなく、トリプルWin、フォースWinになるようなシステムを作りたい。例えば、私のコンテンツで学習して地域づくりに包括が成功する。地域住民が助かる。介護保険料が下がる。こんなありきたりのことだけでは留まりたくないと考えています。

成功事例を共有できるコミュニティ及び、このノウハウを学んだ方が、他の地域でノウハウの提供を行い、それが繰り返されることで日本全体の地域づくりを行う力の底上げができればと思っています。最終的には、日本で実証済みの助け合いシステムを海外展開し、世界の高齢社会という課題の解決ができればと考えています。 

起業して良かったことや苦労したことなどのエピソード

自分が起業する分野については、知識があったので事業内容で不安は無かったものの、会社設立の定款作成や認証、法人登記。そして会社設立後の届出については、全く初めてなので具体的にどうすれば良いのかわからなかった。そこをクラウド顧問サービスのBizerさんに的確なアドバイスを受けて、不安なく会社運営ができていると思います。(回し者じゃないですよ。^^ )

あと、良かったことは、自分で今日の仕事が決められることですかね。僕は午前中にほとんどの仕事を行って、午後はあまり頭を使わない作業(ルーチンワーク)や体力トレーニングを行っているので、自分で満足できるライフスタイルに近づいてきていると思います。

これから起業しようとしている方へのアドバイス

公共の起業支援サービスも充実してきています。一度、創業計画書を書いて、あなたがしようと思っている事業を見える化して「これならいける!」と思ったら、一歩踏み出していいかと思います。

会社情報

エフォートケアシステム株式会社
セミナー・講演、学習教育コンテンツ販売、コンサルティング

エフォートケアシステム株式会社は、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムを構築するために、具体的にどのような取り組みを行えば良いのか、徹底した現場目線をかかげております。

誰でも」「わかりやすく」「具体的」に地域包括ケアのシステム構築方法を学ぶことで、全ての地域住民が、地域格差なく、住み慣れた地域で安心して生活を送るために、最も必要な「現場での実践力」を高めるために理念として掲げました。

その結果、紆余曲折はありましたが、行政、地域包括支援センター、医療・介護・福祉などの関係機関からの共感も数多くいただきまして今に至っております。これに甘えること無く、今後も変わらず徹底した現場目線で、クライアント様の求めるもの・お困りごとに徹底してお応えさせて頂きます。

 

 

わからないことは頼れる専門家(5士業)に何度でも相談しよう

Bizer(バイザー)では、バックオフィス業務(税務・労務・法務・知財など)についても厳選されたBizer認定士業に月額2,980円で何度でもご相談いただけます。Bizerコンシェルジュがあなたのご相談をお伺いし、適切な専門家(税理士社労士司法書士行政書士弁理士)にお繋ぎいたします。会社設立前や会社設立後はわからないことが多くお困りのときには、税務・労務・法務・知財などの総合相談窓口としてお気軽にご相談ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-13-13-21-21

※トライアルの場合は、「ToDoリスト」機能のみ30日間無料で使用できます。
詳しくは、[クラウド顧問サービス|Bizer(バイザー)]まで

 

会社設立サポートが無料、自分でするより4万円もお得!

クラウド顧問サービスBizer(バイザー)を3ヶ月以上ご利用いただける方であれば、月額2,980円(Bizer利用料のみ)で「会社設立サポート」サービスが無料で利用できます。

  • 会社設立の手続きがわかるから、抜け漏れなくスムーズに手続き完了
  • 会社設立に必要な書類作成が簡単!(基本情報を入力するだけで自動作成)
  • 会社設立に困ったときには、専門家(税理士社労士司法書士行政書士弁理士)に何度でも相談OK
  • 電子定款で対応してくれるから、印紙代を節約でき4万円もお得

など
さらに、東京23区なら定款認証、登記、各所への書類提出の代行まで全て無料です。

「会社設立サポート」サービスについては、[Bizerの会社設立]をご参照ください。

 

できるだけ節約してバックオフィス業務を終わらせよう

できるだけお金をかけないで会社運営に関わるバックオフィス業務(従業員、雇用、給与、賞与、役員、役員報酬、取締役、移転、株式に関する事柄など)を自分で調べながらやってみたいという方には、Bizerのユーザー様なら無料で使用できる「ToDoリスト」機能(※)をぜひご利用ください

「ToDoリスト」機能では、バックオフィス業務に必要な手続きの手順を確認したり、「いつまでに」「なんの書類を」「どの役所に提出する」のか調べたり、進捗管理をすることができます。

また、その都度、わからないところは専門家(税理士、社労士、司法書士、行政書士、弁理士)に何度でも相談できるため、できるだけ自分で金額をおさえてバックオフィス業務を完了されたい方にはオススメの機能です。

※トライアルの場合は、「ToDoリスト」機能のみ30日間無料で使用できます。
詳しくは、[クラウド顧問サービス月額2,980円|Bizer(バイザー)]まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

バックオフィス業務のストレスから開放されよう。Bizerは、総務・労務・経理などの幅広い業務をまとめて管理できるバックオフィスのプラットフォームです。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事