起業スイッチ

Bizerの認定社労士として活躍する「ポライト社会保険労務士法人」榊氏。2014年32歳の時に約8年の会社勤めを経て起業する。

起業スイッチが入ったタイミング

リーマンショックが起きた時、自分の運命は自分でコントロールしたいと感じた

上場企業の海外事業室、経営企画室で働いていましたが、2008年のリーマンショックで会社が週休3日になったり、賃金が減ったり、リストラされる人を間近で見たことで、ある種のショックや無力感を感じ、自分の運命は自分でコントロールしたいと感じるようになりました。

独立するなら自分には何が向いているのかを考え、大学時代なんとなく選んだ法学部でしたが、学生時代の法律の勉強は楽しかったことや、会社員生活を経て「企業は人なり」だと確信。人事労務に関する専門家になりたいと思い社労士の資格を取って独立を目指す方針を立てました。

その後2010年に社労士試験合格、2014年に社労士の個人事務所を作り独立しました。(2016年 ポライト社労士法人に改組)

「ポライト社会保険労務士法人」社名の由来

英語の「polite(丁寧な、礼儀正しい)」から

親切さや丁寧さを大切にして、お客様と同じ目線で歩んでいきたいと思っており、英語の「polite」がまさにピッタリのニュアンスだったため、社名にすることにしました。

起業家として大切にしていること

自己満足に陥らないこと

サービスを使って下さるのはお客様なので、自分目線でなくお客様目線で常に物事を考えるようにしたいです。

従業員を大切にすること

従業員に無理や犠牲を強いてまでのお客様サービスは長続きしないので、従業員が無理なく働けて、お客様にも満足を感じてもらえるサービスの仕組みを考えるのが経営者の責務だと考えてます。

社会にどういう影響を与えたいか

日本を「働きやすい国」にしたい

長時間労働、過労死、パワハラ、マタハラ、サービス残業など、我が国の労働環境は問題点が多いと感じます。

経営者・従業員を含め、働く人が安心して働くことができ、職業生活を通じて幸せを感じてもらいたいですし、ひいてはそれが日本の活力になると信じています。

会社情報

起業

ポライト社会保険労務士法人

「社員に信頼される会社作りをサポートする」社会保険労務士事務所。
大手企業様からスタートアップまで、労働保険・社会保険各種手続き代行、就業規則・賃金既定・育児介護休業規定作成、助成金申請など幅広く対応。
http://polite-sr.com/

Bizer社労士(榊 裕葵)お役立ちコラム

https://bizer.jp/archives/author/sakaki_yuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

バックオフィス業務のストレスから開放されよう。Bizerは、総務・労務・経理などの幅広い業務をまとめて管理できるバックオフィスのプラットフォームです。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事