起業スイッチ

⑧

法人印って何?

会社を設立して運営をしていくためには、必ず法人印が必要です。一般的に、会社設立の際には会社実印銀行印社印の3種類の印鑑を用意しておくのが良い、と言われています。もちろん、それぞれの印鑑ごとに大事な役割があります。このコラムでは、法人印の種類と使う場面、そして印材の選び方について皆様にお伝えできればと思います。

法人印の種類と役割

会社実印

スクリーンショット 2016-07-20 10.35.03

会社を設立するとき必要になる印鑑が会社実印です。設立登記の際には、法務局に代表者印(法人実印)の届出をする義務があるので、会社を設立するためには必ず用意しなければいけない非常に大切な印鑑となります。

もちろん、登記の内容を変更しなくてはいけないときにも、使用することになります。

多くの会社様では、鍵付の保管庫などで厳重に保管しています。会社実印は日常的な業務でも使用することもできますが、濫用を避ける意味でも、会社設立に際しては用途に沿った別の印鑑もあわせて用意しておくのが良いでしょう。

サイズや形状については細かいきまりはありませんが、慣例として18.0mmの丸印で用意する会社様がほとんどです。
※18.0mmは、登記申請時に提出する「印鑑届出」の印鑑サイズの規定を満たす。

印影の周囲に会社名が入り、内側には会社の形態にあわせて「代表取締役印」「代表社員」などの文字が入ります。

銀行印

スクリーンショット 2016-07-20 10.37.39

銀行印は、その名のとおり銀行(金融機関)で使用する印鑑です。

会社の運営にあたり、通常は銀行で法人口座を開設するため、届出印が必要になります。会社実印を銀行印として併用している方も居ますが、社外に持ち出して使用するのは紛失・破損といった恐れもありますから、会社実印とは別のものを用意しておきましょう。

社印

gazo

会社経営に携わったことがなくとも、社印だけは一度は目にしたことがある人が多いと思います。社印は所謂ビジネスシーンでよく使用され、見積書・請求書・領収書・納品書などに押印します。契約書など、大事な書類では会社実印と併せて押印することもあります。

慣習的に社印は正方形の角印で作られることが多く、また会社の運営においては最も頻繁に使用する印鑑でもあります。

印鑑の形状にきまりがないとはいえ、契約書などで他社様と並列で押印することがありますので、形がバラバラだと見映えが悪くなってしまいます。他社様の印鑑と並べて押印するケースも考えると、慣例にあわせて実印は丸印、社印は角印、としておくのが理想的です。

 

どの印材がいいの?

前述のように、会社設立の際には3種類の印鑑を用意するのが理想的です。では、印鑑をどのような材料(=印材)で作るのが良いでしょうか?主な印材について紹介します。

柘(つげ)

スクリーンショット 2016-07-20 10.39.02

法人印鑑としての普及率が非常に高い印材です。

朱肉がなじみやすく、やはり木独特の柔らかい風合いが特徴です。価格が安く、会社設立にあたってできるだけ支出を減らしたい方にお薦めです。

黒水牛

スクリーンショット 2016-07-20 10.39.08

個人印鑑も含めて広く愛用されている印材です。

文字通り水牛の角を加工して作る印材で、耐久性も高く、黒光りは印鑑としての見た目の良さを引き立てています。チタンに比べると価格も抑えられていますので、柘よりも高級感がほしいという方にお勧めです。

チタン

スクリーンショット 2016-07-20 10.39.13

耐久性・メンテナンス性・高級感とも抜群に高い印材です。

なお、Bizerで販売しているチタン印鑑はシルバーカラーで、しっかりとした重みがあって押印時の力もかけやすく、見た目も美しくインパクトがあり、出先での押印時には一目置かれるかもしれません。

チタンはメンテナンスが非常に簡単で、歯ブラシを使って水洗いをすることもできます。机の上から落としたり、角にぶつけてしまったときも壊れにくく、そういった不安をお持ちの方にはこのチタン印鑑がお薦めです。

印鑑はどうやって保管する?

印鑑は、会社を運営するにあたりなくてはならないもので、長く使っていかなければいけません。ここではそのためのコツを紹介します。

印面に残った朱肉はふき取ろう

よく聞かれるのは印鑑を使った後に印面に残った朱肉の処理のしかたです。朱肉が詰まって押印結果が思わしくないこともありますし、特に柘は、ほかの印材に比べて朱肉の油分による劣化が早い傾向があります。

使った後はティッシュや柔らかい布で拭き取るようにしてください。古い歯ブラシや針などで掃除する方も居ますが、印面に傷をつけたり、力加減を誤ってと劣化部分を破損してしまったりする原因にもなります。

普段からのふき取りを心がけていただくのが、やはり長持ちする秘訣です。

ケースに入れて大切に保存

柘は、急な温度変化、乾燥や湿気も苦手です。柘よりも耐久性がある黒水牛も、実は乾燥が弱点です。

太陽光や部屋の照明に長時間晒されると、ひび割れが起きてしまうこともありますし、エアコンの風を当て続けるのも良くありません。

黒水牛はオリーブオイルを古い歯ブラシなどにつけて、印面を軽くこするって乾燥を防ぐこともできますが、やはり少々面倒です。また、硬い床に落としたり、机の角などにぶつけたりすると、破損してしまうことがあります。

チタン印鑑もいくら頑丈とはいえ、無暗に机の上に置いておくものではありません。簡単に他人が使わないようにという意味でも、印材を長持ちさせるという意味でも、使わないときは必ずケースに入れて、大事に保管しましょう。

まとめ

簡単に、法人印の役割・印材の選び方、お手入れのコツなどをご紹介してきました。場面にあわせた使い方があり、そして当然ながら、長く使っていくものだからこそ印材の特徴をおさえていただきたい、ということがお分かりいただけたかと思います。

会社設立から末永くお付き合いすることになる印鑑です。皆様にとって使いやすいと思う、最適な印鑑を選んでくださいね。

Bize株式会社 法人印3点セット4,980円〜
https://bg-bizer.jp/corporation_seal

TOSYO株式会社/痛印堂
http://www.itaindou.com/info/corporate

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クラウド士業Bizer

クラウド士業Bizer

運営会社はクラウド士業のサービス「Bizer」を提供しているBizer株式会社。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事