起業スイッチ

⑦

初めて会社設立する相談者さん。実際Bizerで会社設立したらどういう流れになるか、イメージがつかない!という方も多いはず。

今回はBizer認定行政書士さんと一緒に、会社設立の流れをおさえましょう!

1.法人印鑑を作成する

スクリーンショット 2016-06-30 16.19.20

相談者
今から会社設立します!最初は法人印鑑の作成ですか!?
村田行政書士
これから作成予定の法人用の印鑑を準備しておきましょう。

法人印鑑の販売はこちら

https://bizer.jp/corporation_seal

2.3. 会社基本情報入力~必要な書類を作成

スクリーンショット 2016-06-30 16.19.34

相談者
次は大変そうな・・書類作成ですね・・!
村田行政書士
会社の基本情報の入力方法はこちらのコラムを参考にしてすすめてください。必要事項を入力すれば、書類は自動生成されますよ

Bizerでカンタン会社設立!必要書類を作成しちゃおう♪

https://bizer.jp/archives/2121

相談者
書類の自動生成は楽チンですね。このコラムを参考にしながら入力すすめます!

4. 必要なものを確認・用意

スクリーンショット 2016-06-30 16.19.51

村田行政書士
ここでは、代表者様自ら用意していただくものを記載しております。印鑑証明書は区役所、市役所に取りに行ってくださいね。

5. 定款の電子認証を依頼する(無料)

スクリーンショット 2016-06-30 16.20.16

相談者
そもそも定款とは、なんでしょうか?
村田行政書士
定款は、本店所在地や決算日などの会社の基本ルールを定めるものです。その会社のルールである「定款」を公証役場という役所で、認めてもらう(お墨付きをもらう)手続きを定款認証と言います。

この手続きは、本店所在地の都道府県内の公証役場で手続きを行います。

相談者
では電子認証とはなんでしょうか?
村田行政書士
公証役場で認証を受ける際に、紙ではなく、電子媒体での認証も受け付けており、それを「電子認証」と言います。紙の定款を作成した場合、4万円分の収入印紙を貼らなければいけませんが、電子定款にすれば印紙代がかからないため、印紙税が課税されず、4万円分の収入印紙が必要なくなるんです。

そのため4万円を節約することができます

相談者
それは、ありがたいですね!
村田行政書士
電子定款のお申し込み」をクリックし、必要事項を入力してお申し込みをしてください。

6. 公証役場で定款認証を受ける

スクリーンショット 2016-06-30 16.20.36

村田行政書士
次はいよいよ、公証役場で定款認証をうけていただきます。定款認証を受ける際は、本店所在地の都道府県内の公証役場に出向く必要があります。なお、委任状があれば第三者にお願いすることも可能です。※東京23区の場合はBizerで代行可能です。
相談者
なるほど、でも公証役場に行って書類の不備があったらまたやり直しになるんですか・・?
村田行政書士
定款内容に不備があるかどうかは、「電子定款の申し込み」内容を元に、事前にBizer行政書士が行っているので、安心してください。

なお、定款認証を受ける日時の調整含め、公証役場とのやりとりは、すべてBizer行政書士が行いますので、面倒な手間はかかりませんよ。

相談者
よかったです!
村田行政書士
指定された日時に、「公証役場に持って行くもの」を用意して、公証役場へ行ってくださいね。

補足となりますが公証役場の定款認証は、この後に行う法務局での登記日(設立日)の2週間前以降に行う必要があるため、早すぎてもダメですよ。

村田行政書士
公証役場での認証手続が終了すると、定款原本2部と定款データの入ったCD-Rを受領します。定款原本のうち1部は法務局提出書類、その他は会社の保管用となります。

では、無事公証役場でお墨付をもらうことができたので、次のステップにすすみましょう。

7. 銀行口座に資本金を振り込む

スクリーンショット 2016-06-30 16.20.58

村田行政書士
資本金を発起人(出資者)の個人口座に入金する。この入金の日付、金額はこの後のステップにある法務局で、チェックされます。 
相談者
個人口座でいいんですか?とはいっても・・まだ法人口座は持ってないですが・・
村田行政書士
はい、会社設立前は法人名義での銀行口座は作れないため、個人口座で問題ないです。
相談者
個人口座には、すでに設定している資本金がはいってるのですが、その残高で問題ないのでしょうか
村田行政書士
出資者の個人口座に資本金以上の残高があるだけでは不可です。

必ず、公証役場での定款認証日付以降(同日でもOK)に資本金の金額を入金してください。
入金は出資者の名義で入金される必要はなく、他人名義からの入金でもOKで、複数人分をまとめて入金してもOKです。

村田行政書士
ここで重要なのは「入金証明」なので、すでに口座にお金が入ってる場合は、一度引き落としをして、また入金する、という作業を行ってください。
その後、そのことを証明するために、通帳や明細のコピーをとってください

このコピーは、このあと法務局への提出書類「払込のあったことを証する書面」に重ねてとじる必要があります。

※コピーの取り方・・・

8. 法務局で登記申請をする

村田行政書士
法務局に登記申請書類を提出した日付が、会社設立日になります。登記申請書類の提出先は、本店所在地の商業登記の管轄の法務局で行ってください。

下記リンクが全国の法務局案内になります。

法務局-管轄のご案内

相談者
いよいよ会社設立!なんですね!!
村田行政書士
はい、必要書類をすべて揃えて管轄の法務局へ出向いてください。また、押印なども忘れずにおこなってくださいね。

提出書類の押印サンプルは、Bizerの会社設立サイトにあるので、そちらを参考にしてください。

相談者
自分の会社ができると思うとなんだか感慨深いですね!
村田行政書士
なお、登記完了後に登記簿謄本の原本の取得が可能となります

9.法務局へ届出をする(2回目の訪問)

相談者
あれ、登記申請のときに法務局へ行ったと思うのですが、登記申請とは別の日にまた法務局へいく必要がある、ということですか?
村田行政書士
はい、そうです。登記申請後、法務局のデータベースに登録されるまで3〜5営業日かかります

この、データベース登録完了予定日以降に法務局に行き、「印鑑カード交付申請書」を提出する必要があるんです。この「印鑑カード」が取得できたら、「法人印鑑証明書」を取得できるようになります

会社設立後、税務署への届出や法人銀行口座開設などで「登記簿謄本」や「法人印鑑証明書」が必要になると思います。この時に必要部数を取得しておいてください

相談者
わかりました!

10.登記後の役所届出の準備

相談者
登記申請が完了したら終わり、という訳ではないんですね。まだいろいろあるんですか・・
村田行政書士
あともう少しです。登記申請が完了したら、税務署や年金事務所などに登記日から1ヶ月以内に届出をしなければいけません。その届出のために必要な書類がここには記載してあります。

11〜13. 各種届出をする



13

村田行政書士
税務署、都道府県事務所、市区町村役場へそれぞれ書類を提出します。

なお、赤字で記載ありますが届出書・申請書は必ず2部プリント・押印してください。押印したもののコピーは不可です。

また、税務署、都道府県税事務所、市区町村は郵送で提出することも可能です。その場合は返信用封筒も同封してくださいね。

14.年金事務所に届出をする

村田行政書士
これが最後のステップです。年金事務所に届出を行います。健康保険厚生年金保険新規適用届は、ワンクリックで作成できますよ。これで設立時にやらなければいけない手続きが完了です。





やったぁぁぁ・・!

ここからがビジネスのスタートですね!

なお、手続きで不明なことがあればいつでもBizerで相談しながら進めてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
むらた こうへい村田 光平

むらた こうへい村田 光平

公認会計士、税理士 、行政書士 、公益社団法人日本監査役協会会員。2005年に中央青山監査法人、2007年に京都監査法人東京事務所を経て、2013年より税理士事務所を開業。年間50社の会社設立手続を行い、法務・税務の両面からサポートを行うスタートアップ企業のエキスパート。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事