起業スイッチ

Facebook、TwitterなどのSNSを通じた自社サービスの宣伝が注目されてきていますね。

特にB to Cのサービスをしている企業のアカウントで人気のものは100万人以上のフォロワーが付くなど、それだけの規模の人たちにダイレクトに情報を届けるツールは限られて来るため、多くの企業がアカウントを開設し運用しています。

Bizer(バイザー)でもTwitterの運用は行っています。

今回は起業直後でサービスの認知度をSNSを使って広げて行きたい方や、SNS運用担当の方の目線(BizerのSNS運用もまさしく例外でない為)でTwitterの運用を工夫して良質なフォロワーを増やす方法に関して考えていきます。

 

①自社サービスを考慮したキャラ設定をする

最近のTwitterの運用においてはキャラ設定がフォロワー数を伸ばしていく上では重要な要素になっています。

NHK(@NHK_PR)はフォロワー数が約150万にものぼるアカウントを持っています。職員の方が交代で番組の宣伝や今日あったことなどを軽くツイートする等の運用方法を取っていて、投稿する職員の方によってキャラクターが変わるなどフォロワーを楽しませています。

パインアメ(@pain_ame)のアカウントはかなり自由に投稿をしていて、消費者の方が商品を購入してツイートをした時などはそれをコメント付きでリツイートする等、積極的にコミュニケーションを取っています。

BizerはB to Bの為、積極的にユーザーの方とコミュニケーションを取るような運用は現在しておりませんが、とても参考になるソーシャルアカウントのキャラ設定が上記の2例です。

 

②フォロワーがどんな記事を好むのか傾向を捉える

フォローしてくれているからには、そのアカウントが発信する情報が有益だとフォロワーは考えているということです。なので情報発信をする場合は自身のフォロワーがどういう情報を求めてフォローしてくれているかを考えましょう。

Bizerアカウントでは以前、多くのビジネスマンの方にBizerを知ってもらいたいと思っていたので、時事で話題になっている経済ニュースの起業寄りのものを発信していました。例えば、今年の6月から8月くらいまでは、新卒一括採用の是非が話題に上がる回数が多かったので、ベンチャー企業の採用にも影響しているということを考えてニュースを投稿してきました。

しかし、投稿してもあまり反応がないので投稿の内容を再考しようと考え、次は起業体験について書かれた個人ブログやエンジニア採用の難しさ、小規模組織のマネジメントについて書かれた物に絞って発信していく様にしました。

投稿内容を変える事でこれまでより、投稿のインプレッションやエンゲージメントが増え少しずつリツイートしてもらえるようになりました。

 

③投稿数・投稿時間を工夫する

投稿数も多く投稿すればいいというわけではありません。Twitterは一度ツイートすると後はタイムラインで流れていくだけなので、回数を多く投稿する事でツイートを見てもらえる回数は増えるかもしれません。

しかし、自社メディアやブログを拡散したい場合は実は良策ではない場合もあります。

それは「スマニュー」「グノシー」「はてブ」「NewsPicks」などの様にソーシャル上で話題の記事を集めてきて配信しているサービスが関係しています。

経済系の記事なのか、動物やおもしろ動画の記事なのか、種類にも寄りますが「グノシー砲」という言葉があるように、一度掲載されると何万というPV数を叩き出し多くの人に発信する事が出来ます。

こういったサービスに記事を掲載してもらう為にはソーシャル上での拡散が非常に重要で、Twitter上で多くの人にリツートしてもらったり、Facebookでいいねをたくさんしてもらったりする必要があります。

一日のうちに何回も投稿してしまうとそういったいい記事を書いて発信した時に見逃されてしまう可能性があります。なので、リツイートなどの拡散とインプレッションの兼ね合いを見て投稿数・頻度は決めていくべきでしょう。

投稿時間も統計などを取って工夫する事をおすすめします。Bizerではビジネスマンの通勤時間帯を考えて7時に投稿をしてきましたが、のちのちインプレッションを見てみると10時に投稿したものの方がインプレッションが高かったりします。多くの人に見てもらえる時間に投稿する工夫をしましょう!

 

④積極的に自身の発信内容に興味を持ってくれそうな相手をフォローする

面白いコンテンツを発信したり、キャラ設定をして親近感を持ってもらうことは重要です!

しかし、実際のところそれだけではフォロワーは増えません。自社サービスに興味を持ってくれるようなユーザーになりうる人をフォロワーとして獲得していくためには、自分から積極的にそういう人たちをフォローしていきましょう!

例えば、すでに競合または近いビジネスをしている企業がTwitterを運用していてフォロワー数を集めていた場合や、自身と同じような情報を発信しているTwitterアカウントがある場合はそれらアカウントのフォロワーを積極的にフォローしていきましょう!

この場合、かなりの確率でフォローを返してくれますし、サービスへの興味を持ってくれる可能性が非常に高いです。発信した情報にエンゲージメントしてくれる確率の高い人をフォロワーに出来るので、一石二鳥です!

他には、プロフィール検索というやり方もあります。Bizerの場合、サービス的にはフリーランスの方もユーザーの対象として当てはまるのでプロフィール検索のキーワードを「フリーランス」にしてみたり、起業家の方を見つける為に「経営」「代表取締役」「起業」などで検索をかけてフォローしたりしています。このように、自分のアカウントに興味を持ってくれる人を探し出しましょう!

 

⑤しっかり数値管理する

数値管理も重要です。Twitterはフォロワー数に比例してフォロー出来る数が決まっているので、③で書いたフォローを無限に出来るわけではありません。

なので、フォローした数に対してフォロワーが伸びなかった場合は、残念ながらフォローを外させていただく必要があります。

どういうところ(キーワードでのプロフィール検索、誰かのフォロワー)から何人フォローして何人フォローバックしてくれたかを記録していくことで、次はどういう検索キーワードで人を探してみよう、この人のフォロワーは反応がよかったから同じ様な情報を発信している人のフォロワーをフォローしてみようなどのPDCAを回すことが出来ます。

数値管理はGoogleスプレッドシートなどでして、運用を担当する人全員で共有出来る状態が望ましいでしょう!

 

まとめ

ここまで良質なフォロワーを集める方法を考えてきましたが、何と言っても一番大事なのは発信するコンテンツです。(本末転倒のようですが、、、)

でもそれ以外に努力して数値を伸ばせる部分としてここまで述べてきたような事が出来ます。

起業したての方や、サービスラウンチ直後でTwitterのフォロワーもう少し伸ばしたいなという方の参考に少しでもなれれば幸いです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

バックオフィス業務のストレスから開放されよう。Bizerは、総務・労務・経理などの幅広い業務をまとめて管理できるバックオフィスのプラットフォームです。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事