起業スイッチ

ヴェルク株式会社 田向祐介(たむかいゆうすけ)。新卒でフューチャーシステムコンサルティング(現フューチャーアーキテクト)に入社。エンジニアとして、プロジェクトリーダーとして、大手企業の基幹システム等の構築に携わる。その後、インターネット系ベンチャーに転職し、業務系以外の分野のシステム構築にも携わる。

起業スイッチが入ったタイミング

自分が目指したいチーム作りに取り組むためには、自分で会社を設立しないとできないと気づいた時

IT業界は非常に変化が早い業界ですので、変化に対応していくことができるチームを作りたいと考えています。 そのためには、各メンバーが、ある程度新しいことに取り組める時間や機会が必要ですが、それが必ずしもビジネスと一致するとは限りません。 そのため、ビジネス的な側面と技術的な側面のバランスを取りながら進めていく必要がありますが、このバランスの舵取りが、組織の中にいては難しかったため、自分で会社を作り、それに取り組むことにしました。

社名の由来

VELCのELCは「Enjoy Life and Creation」の略で、「人生とものづくりを楽しむ」という意味で付けました。ELCだとドメインが取れなかったので、Vは後付けです・・・。 それぞれの人生を楽しむことはもちろん、なんだかんだで仕事をしている時間はそれなりに長いですので、それ自体を楽しめるようにしたいですし、エンジニアとしては技術や開発を楽しんでやりたい。そういう思いを込めてこの名前を付けました。

起業家として大切にしていること

%e3%82%b5%e3%83%95%e3%82%99

自分たちのスタンスを見つけること。そして、継続可能であること。

会社を経営していると、色々なやり方が気になり、参考にしたくなります。 会社の経営や社内での取り組み、サービスの開発・マーケティングなど。 ただ、各社それぞれ状況が違うので、他の会社やサービスでうまく行っていることが必ずしも自分たちにはまるわけではありません。 そのため、あまり周りに影響を受けすぎず、じっくり自分たちにあった方法を考えるべきだと思っています。 また、特に起業直後は無理して頑張りがちですし、自分もそうでした。 ただ、ダッシュで走り続けることはできませんので、自分も他のメンバーも、それぞれの継続可能なペースであることが重要だと思っています。

社会にどういう影響を与えたいか

受託開発をしながらサービスを立ち上げるという選択肢の提示

起業当初から、受託開発と自社サービスの両立を掲げてきました。 そして、ようやくboardが事業として成長してきたことにより、単に「両方やっている」だけではなく、収益面でも両立できつつあります。 サービスを立ち上げる場合、資金調達するケースが非常に多いですが、そうでないやり方もありますし、それでも成長できるこということを実現して、選択肢の一つとしてもっと増えてくれば良いなと思っています。

会社情報

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-31-16-38-58

board・Pattoなどの自社サービスの提供、Webシステム開発・データ分析等の受託開発を行う。

会社HP:https://www.velc.co.jp/

board:https://the-board.jp/

Patto:http://patto-cms.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

バックオフィス業務のストレスから開放されよう。Bizerは、総務・労務・経理などの幅広い業務をまとめて管理できるバックオフィスのプラットフォームです。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事