起業スイッチ

近年NHKの朝の連ドラ「マッサン」の影響を受けて一時的に盛り上がったウィスキーですが、日本市場全体で見ると縮小傾向にあります。自社ブランドでウィスキーを製造・販売しているのは大企業のサントリーやニッカウィスキーなどがありますが、それら以外は国内ではあまり耳にすることはありません。

そんな中、世界的な評価を受け、大躍進を遂げている日本の高級ウィスキーブランド「イチローズ・モルト」をご存知ですか?「イチローズ・モルト」が世界的評価を受けるまでに至った経緯を調べてみました。

1.株式会社ベンチャー・ウィスキー?

b4bdb5f5eca339abb28d330cd1f31549_m

ウィスキーブランド「イチローズ・モルト」を製造する株式会社ベンチャー・ウィスキーは、2004年に埼玉県秩父市で設立されました。

歴史的にはまだ浅いブランドですが、イギリスの権威ある専門誌「ウイスキーマガジン」のプレミアム・ジャパニーズウイスキー部門で最高得点を獲得しゴールドメダルを獲得、「ワールドウイスキーアワード(WWA)」のジャパニーズ部門を6年連続で受賞するなど、創業から躍進を遂げています。

現在では製造地の埼玉県秩父市ですら購入することが出来ず販売後即完売の人気ぶりです。企業名にもベンチャーが入っているなど、創業時からの挑戦への意思が伺えます。

2.世界で愛されるまでの苦難

92f5d4b610fa9c0a291c5c85aabd4324_m

ベンチャー・ウィスキーの創業者である肥土伊知郎氏の実家は元々老舗酒造でした。

肥土氏も酒造りを目指し大学卒業後サントリーに就職します。サントリーでは酒造りの夢は叶いませんが営業として活躍、その後実家を継ぐため退職し地元に戻ります。

しかし、実家は経営譲渡をするまで逼迫。譲渡先から経営再建の為にウィスキー作りの撤退と設備撤去、残存する400樽のウィスキーの廃棄を求められました。肥土氏は先代の財産を守るため、400樽の預かり先を探し福島県の酒造をなんとか見つけ、この守った400樽のウィスキーを元に販売会社を立ち上げます。

ただし、この時点でウィスキーの製造免許は無いため、会社としてのブランドや認知度に対する訴求力に悩む事になり、自社で再び蒸留所を持ち製造する事の重要性を認識します。

3.下降する市場への可能性を見出し、経営革新に取り組む

c563a4d68b5f3b8a8fc295045bac5880_s

独自の市場調査を行った事が、市場の可能性を見出すきっかけになります。

自分の足で2年かけて2000店以上のBARに通いつめ、クセの強い高級ウィスキーの確かな需要を確認します。また本場のスコットランドに通い学び続けました。

自前の蒸留所設立に至っては、ウィスキー市場の下降と実家の酒造の件もあり、銀行からの融資の貸し渋りにもあった為、肥土氏自身で経営革新を次々に打ち出していきました。初期投資を抑える為に土地は県からのリース、施設建設は資産を保有している親戚に頼み、賃料を払うスタイルに。

ウィスキーは製品化まで年月がかかるため、当面の運転資金を作るためにも本場イギリス、スコットランドの蒸留所で用いられている「樽オーナー制度」という仕込み段階からそのウィスキーの将来性を買って樽ごと購入してもらう制度を導入しました。

こうした取り組みにより無事設立も完了し、それから評判も広がり世界的に権威のある雑誌に取り上げられ躍進し現在に至ります。

また土地も肥土氏の出身地を選んで設立し、地元から名を上げるという意思のもと、現在でも地元の特性を活かした革新を起こそうと事業に取り組んでいるようです。

4.最後に

アメリカの有名な起業家、そして投資家であるピーターティール氏は「賛成する人がいない大切な真実とはなにか。」を探すことの重要性を説いています。

肥土氏も自身の経験や信念を元に意思を固め、他者にとっては賛成出来ない自身の考えでも足を動かし確信を持ちアイデアを実現させたからこその現在の成功があります。私達も日々の生活や今までの経験から大事な真実を見つける事が大切かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

バックオフィス業務のストレスから開放されよう。Bizerは、総務・労務・経理などの幅広い業務をまとめて管理できるバックオフィスのプラットフォームです。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事