起業スイッチ

合同会社ユーキューブ 仲西 悠(なかにし ゆう) 関西学院大学卒業後、日本アイ・ビー・エムで勤務し、顧客のシステム開発支援に従事。その後エムスリーに転職し、医師向け転職サイトの開発・運用をリード。2014年10月、27歳のときにユーキューブを創立。Web制作・運用・コンサルティングをサポート。

起業スイッチが入ったタイミング

自ら世界に発信していけば、世界は自分の思い通りになる。

正社員として本業の傍ら、趣味で[ゆりえDays]というサービスを開発していました。そこで「日本の萌え文化を輸出したろやないか!」と英語化してみたら、アメリカの企業から「一緒に仕事しよう」と声がかかって、英語のチャットでコミュニケーション取りながら仕事をしたことがあります。

アメリカは技術者の給与水準が高く、また自分の好きな時間に仕事もできるワークスタイルでした。「自分の作ったものをこうやって世界に向けて発信して自由にワークスタイルを選べるなら、日本で正社員をしているよりも自由になれるのではないか?」と考え、退職して起業することを決意しました。

社名の由来

自分の名前が「ユー」だというのもありますが、何よりロゴを先に思いついてしまいました。立方体の辺が「Y」になって、キューブの中に「YOU」という文字がある。これはなかなか面白いみたいな(笑)。

某動画投稿サービスの名前と似ているのも、ちょっとジョークっぽくて良いのではないかとも思いました。ただ、起業後2年経った今でも「ユーキューブ」で検索すると某動画投稿サービスが上位表示されることは計算外で、もしあの頃の自分に忠告できるなら、思いとどまって社名を変えるよう勧めるかもしれません。

起業家として大切にしていること

素直で正直に、お客様と向き合うこと。

何か解決したい課題があるとき、その解決策はいくつもあるものです。しかし、ITが専門でないお客様だと「解決策Aをやってくれる会社を探している」というように発注業者を探してしまうことが多いです。

しかし、実際にお話を深く伺っていると「その目的を達成するには、解決策Bで進めるほうが良いのでは?」と思うことも少なくありません。たとえ解決策Aの方が利益になりそうな気がしたとしても、この提案をしっかりとしていくことを大切にしています。

たとえば歯科医院に行ったとき、自分で自分の歯の状態はわかりません。そのため、本当に必要な治療なのか深く理解できずに歯科医に言われるがまま治療をしてしまうことも多いのではないでしょうか。

我々の業界でも同じで、ITで課題解決をしようと思うとどうしても専門的な分野になってきます。だからこそ長期的なおつきあいのために「素直」で「正直」にお客様にとって本当に必要で費用対効果の見合う提案をするよう努めています。

社会にどういう影響を与えたいか

情報技術社会の発展に貢献し、人々の生活をより豊かにする。

2008年「 iPhone って使いやすいの?」と言う人が多かったころ、私は iPhone 3G を使い始め「世界は変わる」と確信したのがもう9年前になります。

今や電車に乗るとかなり多くの人がスマートフォンを手にしている光景をみられる時代になりました。 iPhone 登場以前から人々が情報収集をする方法も大きく変化しました。それに合わせて情報を発信する方法も変えていかなければいけません。

その流れに伴って「もっとITを活用して情報を発信したい」と思う方も増えてきました。時代に合わせて情報発信のお手伝いをすることで、より多くの人が質の高い情報に接するきっかけになり、人々の生活をより豊かにできると考えています。

起業して良かったことや苦労したことなどのエピソード

社会全体のITに対する理解が浅いと感じています。お客様に提案をお持ちした際に「なぜこんなにコストがかかるの?」といった質問を受けることがあります。

実際にどういったリスクがあり、コストになっているかをご説明するとご理解はいただけます。大それた考えかもしれませんが、こういった面で「社会全体のIT教育」というのも業界に身を置く立場としての使命であるように感じています。

これから起業しようとしている方へのアドバイス

もしこの記事を読んでくださっているあなたが「いつか起業したい」と考えているのであれば、起業するまでに何が必要なのか検討して「いつ起業するのか」のスケジュールをすぐにでも決めて動くのがよいと思います。

私の周囲で「起業したい」と言っている人は、「今がタイミングではない」など起業しないイイワケを作り出し、最終的に起業しない人が多いように思います。起業することが正しいことだとは思っていませんが、本気で「起業したい」と考えているのであれば、今日から動き出すのが良いとは思います。この先の人生に今日より若い日はありません。

会社情報

合同会社ユーキューブ
IT部門のない中小企業向けに、IT業務のサポートをしています。Webから集客したい、サーバーの管理をお願いしたい等なんでもご相談ください。

お問い合わせ先
電話:050-5896-9352
e-mail:info@youcube.jp

 

 

 

会社設立サポートが無料、自分でするより4万円もお得!

クラウド顧問サービスBizer(バイザー)を3ヶ月以上ご利用いただける方であれば、月額2,980円(Bizer利用料のみ)で「会社設立サポート」サービスが無料で利用できます。

  • 会社設立の手続きがわかるから、抜け漏れなくスムーズに手続き完了
  • 会社設立に必要な書類作成が簡単!(基本情報を入力するだけで自動作成)
  • 会社設立に困ったときには、専門家(税理士社労士司法書士行政書士弁理士)に何度でも相談OK
  • 電子定款で対応してくれるから、印紙代を節約でき4万円もお得

など
さらに、東京23区なら定款認証、登記、各所への書類提出の代行まで全て無料です。

「会社設立サポート」サービスについては、[Bizerの会社設立]をご参照ください。

 

会社設立後も頼れる専門家(5士業)に何度でも相談しよう

Bizer(バイザー)では、バックオフィス業務(税務・労務・法務・知財など)についても月額2,980円で頼れる専門家(5士業)に何度でもご相談いただけます。Bizerコンシェルジュがあなたのご相談をお伺いし、適切な専門家(税理士社労士司法書士行政書士弁理士)にお繋ぎいたします。会社設立後はわからないことが多くお困りのときには、税務・労務・法務・知財などの総合相談窓口としてお気軽にご相談ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-13-13-21-21

※トライアルの場合は、「ToDoリスト」機能のみ30日間無料で使用できます。
詳しくは、[クラウド顧問サービス|Bizer(バイザー)]まで

 

できるだけ節約してバックオフィス業務を終わらせよう

できるだけお金をかけないで会社運営に関わるバックオフィス業務(従業員、雇用、給与、賞与、役員、役員報酬、取締役、移転、株式に関する事柄など)を自分で調べながらやってみたいという方には、Bizerのユーザー様なら無料で使用できる「ToDoリスト」機能(※)をぜひご利用ください

「ToDoリスト」機能では、バックオフィス業務に必要な手続きの手順を確認したり、「いつまでに」「なんの書類を」「どの役所に提出する」のか調べたり、進捗管理をすることができます。

また、その都度、わからないところは専門家(税理士、社労士、司法書士、行政書士、弁理士)に何度でも相談できるため、できるだけ自分で金額をおさえてバックオフィス業務を完了されたい方にはオススメの機能です。

※トライアルの場合は、「ToDoリスト」機能のみ30日間無料で使用できます。
詳しくは、[クラウド顧問サービス月額2,980円|Bizer(バイザー)]まで

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

バックオフィス業務のストレスから開放されよう。Bizerは、総務・労務・経理などの幅広い業務をまとめて管理できるバックオフィスのプラットフォームです。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事