起業スイッチ

Bizer認定公認会計士・税理士・行政書士として活躍する村田氏。2005年公認会計士合格から監査法人、一般事業会社の勤務を経て2013年31歳で独立開業し、Bizerの立ち上げ時からサービス作りに関わる。

起業スイッチが入ったタイミング

フリーランスの方々との関わりなどの経験の積み重ねがあって

資格を取得した時には特に独立は考えてなかったですね。これといった独立のスイッチとなるような出来事だったり志というのもなく(笑)。事業会社に勤めていた時にいろんな業種でフリーランスでやっている人を見て、なんか自分も個人でできそうだなって思ったり、通勤で朝起きるのがしんどいなど、そういうことの積み重ねで独立しました。

元々公認会計士の資格を目指したのも、大学4年の就活で内定がなかったのでしょうがない、資格でも取るかというのがきっかけでした。特に会計・税務に強いこだわりもなかったので、独立してからは公認会計士・税理士だけでなく、行政書士としても開業登録して幅広くやってみようと思いました。

税理士・行政書士としての事務所勤務経験はないので、1年目はとにかく案件1つずつを調べて実務経験を積むという感じでした。1年目はお客を選ばず仕事を選ばず、なるべくいろんな業務・経験を積んでいこうと。2年目は人を選んで仕事を選ばず、3年目になってようやく軸足が定まった感じがします。

起業家として大切にしていること

出し惜しみをしない、手抜きをしない

社会人1年目からスタンスは変わりませんが、出し惜しみをしないとか手抜きをしないとかは意識しています。独立したからとか、起業家だからといって仕事に対する姿勢が変わるものでもないですし。相撲の寺尾関の名言「今日一日の努力」ですね。

社会にどういう影響を与えたいか

目の前の人に役立てることをやっていきたい

昔の同僚が地方で独立開業する時にBizerでの仕事で飛躍のきっかけをつかんだり、設立から関わった会社が新サービスをリリースしたり、自分が関わった人達が充実していたらそれが一番です。

社会への影響って考えると遠すぎてイメージが湧かないので、目の前の人に向けて役に立てる事があれば会計とか税務でなくてもいいですし。ちなみに趣味でギターを習っていますが、ギター教室でのバンドも、ギターだけではなくドラムもやっていたりします。こだわりはあまりないです。

会社情報

村田光平税理士事務所

「正確・誠実・真摯」です。顧問先様の継続的な発展のサポートを行い、良きパートナーとして共存共栄できるよう「親切・丁寧」な業務を心がけております。
http://mura-co.com/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

運営会社:クラウド顧問サービス|Bizer

バックオフィス業務のストレスから開放されよう。Bizerは、総務・労務・経理などの幅広い業務をまとめて管理できるバックオフィスのプラットフォームです。

ページトップへ戻る

関連記事

人気記事